審美歯科治療


審美歯科とは

img

審美治療とはただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。

バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。

保険診療による一般の歯科治療では、虫歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります。

当医院では、最先端の歯科医療技術で審美的にも機能的にも一人ひとりに合った治療を行っております。


白い詰め物と被せ物
(ラミネートべニア)

セラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。とても白く美しい歯にすることができます。


 セラミックインレー

img
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。

むし歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、むし歯治療をした部分を埋める場合に用います。

セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。

治療費は、やや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりを求める方にはお勧めです。


 セラミッククラウン

img
金属を全く使用せず、陶器のみで作られたクラウンなので、金属アレルギーなどの心配がなく、アレルギーの方も安心です。

特に色調や透明感に優れていますので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができるため、前歯などきわめて目立つ部分の歯の治療に適しています。

むし歯を治療したあと、歯の表面を削り、そこにセラミックのクラウン(冠)をかぶせて、歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善する方法です。


自費診療と保険診療の違いについて
私どもでは、患者様のご負担を考え、保険診療でより良い治療を心がけています。しかし、保険の治療では、奥歯には銀色の歯が入ります。


保険診療のインレー(左)と
自費診療のハイブリッドインレー(右)
img
小歯と歯の間の虫歯は、正確につめることが難しいので、私たちは、歯型を採って作るインレーを選択しています。


歯の自然な光沢や質感は保険適用の材料では再現できません
img
ホワイトニングをした併用セラミッククラウン


上の歯の銀歯と白い歯の見え方
img
小臼歯に銀歯を被せた場合と、白くした場合


下の奥歯のセラミッククラウン
img
歯は、全体が見えるのでセラミックで修復することが理想的です。


料金表

 クラウン(被せ物)・インレー(詰め物)


ハイブリッドインレー
15,000円
レジン前装冠
30,000円
セラミッククラウン
50,000円
オールセラミックス
70,000円
ラミネートクラウン
50,000円
※料金は全て税別価格です。


 ホワイトニング・フッ素塗布


ホワイトニング 
【オフィスブリーチング併用】

30,000円
フッ素塗布 
【専用トレー使用】

2,000円
※料金は全て税別価格です。


▲ページTOP

© 2015 田中歯科クリニック